弊社は、ホットメルト形接着剤「アイメルト」の製造販売、その他関連機器の販売を行っております。

TEL048-421-8971
FAX 048-421-0999

包装・紙工用 の紹介


製函する包装機械、塗布機器に最適な品番を選定致します。
 
用途
 ・段ボール製函機
 ・ラップラウンド段ボールケーサーのノズル塗布
 ・カートナー製函機等のノズル塗布
 ・紙器・紙工製函機等のノズル・ロール塗布
 ・ストロー接着機・荷崩れ防止用
主成分
 ・EVA樹脂系
 ・ポリオレフィン樹脂系
 ・合成樹脂系
 ・カートナー製函機等のノズル塗布
形 状
 ・ペレット
※食品衛生法基準適合品 (器具及び容器包装の規格試験)
     
品番選定の確認項目
@使用する包装機の形式
・ラップラウンドケーサーやA式段ボール製函機等
A包装機のオープンタイム・セットタイム
・オープンタイム:約3秒・セットタイム:約1秒
B包装する製品
・飲料缶・PETボトル飲料等
C包装された製品の保管温度
・冷凍食品・要冷蔵品等
D使用する包材
・一般段ボール・撥水処理段ボール等
▼ラップラウンド段ボールケース
  ▼A式段ボールケース

  使用上の注意点
 @塗布温度、塗布量、圧着強度、塗布位置を適正に設定して下さい。
 ・塗布温度が高い(200℃以上)と炭化し易くなります。
 ・塗布量が少ないと接着不良が起こり易くなります。
 ・圧着強度が低いと接着力が弱く易くなります。
 ・塗布する位置が適正でないと圧着が弱く接着力が弱くなります。
 A異物の混入を避けて下さい。
 ・ノズル詰り、フィルターの目詰まりを招きます。
 B接着可能な材質か事前に御確認して下さい。
 ・フィルムコート紙、プレスコート紙、撥水処理板紙等は必ず事前に接着確認をして下さい。
 Cアプリケーター(ホットメルト溶解装置)の定期的な点検を御願いします。
 Dアプリケーター(ホットメルト溶解装置)を操作する際、保護手袋や保護メガネ、マスクを着用して火傷や蒸気の吸引に注意して下さい。

  貯蔵管理
 @室内、常温にて保管して下さい。
 A直射日光に長時間さらすと樹脂が劣化します。
 B水分、油分を混入させると樹脂が変質します。


 包装・紙工用ホットメルト形接着剤一覧表


<< 前のページに戻る